全国の名医と言われているドクターを掲載。がん、脳血管疾患、心臓病、眼科疾患、整形外科疾患、皮膚科、精神科、耳鼻咽喉科、小児科他の名医と言われているドクターのリストです。
[307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299]  [298]  [297

放射能汚染に関して、識者のコメントを掲載しておきます。

   2011年3月22日、東京都内で財団法人「食の安全・安心財団」が主催する「メディアとの情報交換会」が開かれた。大震災で東京電力福島第一原子力発電所が被災し、放射能汚染に対する国民の不安が高まっているなかでの開催だ。
   食品の放射能汚染について講演し、メディアからの質問に答えたのは滝澤行雄・秋田大学名誉教授 (公衆衛生学) 。滝澤さんは中国などの核実験時の放射能汚染を測定、ロシアのチェルノブイリ原発の影響調査も。水俣病のメチル水銀など食品汚染にも詳しい。
  放射能汚染の暫定規制値はヨウ素、セシウムなどの核種ごとに国の原子力安全委員会が定めているもので、飲料水や牛乳はヨウ素300 、セシウム200 、野菜類はヨウ素2000、セシウム500 (単位はキログラムあたりのベクレル) などとなっている。
   3月18日に茨城県高萩市で採取したホウレンソウは最高でヨウ素が15020 、セシウムは524 だった。また川俣町の17日の牛乳 (原乳) はヨウ素1510だった。厚生労働省は農薬などと同様、食品衛生法により、規制値を上回る食品は流通させない方針をとっている。政府は19日、福島県など4県のホウレンソウなどと福島県産の牛乳の出荷停止措置を取った。さらに23日には福島県のブロッコリー、コマツナなど、茨城県産の牛乳なども追加された。
   ホウレンソウのヨウ素は規制値の7.5 倍だが、滝澤さんは食べてもまったく問題ない量だと解説した。規制値は安全を考慮し、おおむね1年程度食べ続けるとした計算になっている。また、海水の汚染で魚介類が放射能を持つのは食物連鎖の結果で、高濃度の汚染が長期間続かない限り、これも危険がないことを強調した。

ほとんどの識者のコメントでは、健康に影響のあるレベルではないということですが、そうは言っても不安だと言う方は数多くいらっしゃるようです。
下記に放射能汚染対策に関するサイトをご紹介しておきますのでご参照ください。
サイト内で全国各地の放射線測定値や水道水の放射能濃度等を掲載しています。
http://homepage2.nifty.com/hossie/index.html

コピー禁止
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ご訪問者の数
 ヤフー登録サイト(19.9.21登録)

 
 
    since 24/02/2007



 270名の体験談を掲載
 

カテゴリー
★現在183名の名医を掲載

blog内検索
キーワードは原則1ワード、絞込み検索(日本語)は「病名+都道府県」のみ可能です。  (例)乳がん 東京都      
(example)lung cancer

人気サイト・人気ブログ
病気情報ならココ!情報満載
 病気ブログランキング


超がつく人気サイト、必見です
   病気,症状,薬に対する病院,診療所,歯科医院の医者、歯医者さん探し医学情報サイトby健康向上委員会


病院・名医探しならこのサイト
 お勧めサイトが目白押しです

   
 がん関連の厳選リンクです

■医療人気サイトランキング

■FC2 Blog Ranking(医療)
プロフィール
HN:
hossie
HP:
性別:
男性
自己紹介:
家族が病気の際「少しでも良い医師に診てもらいたい」と思った経験をもとに、当サイトを立ち上げました。
皆さんが病気と闘う際の参考になれば幸いです。

E-mail:fwgg4598●nifty.com
●に@を入力して下さい。