全国の名医と言われているドクターを掲載。がん、脳血管疾患、心臓病、眼科疾患、整形外科疾患、皮膚科、精神科、耳鼻咽喉科、小児科他の名医と言われているドクターのリストです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

(スポンサードリンク)

森山寛氏
(プロフィール・略歴)

1973年東京慈恵会医科大学卒業
1975年東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科学教室医員
1981年アメリカ(ニューヨーク)、コロンビア大学耳鼻咽喉科へ留学
1984年東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科学教室講師
1992年東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科学教室教授
2004年東京慈恵会医科大学附属病院院長(耳鼻咽喉科学教室教授兼務)
2013年東京慈恵会医科大学名誉教授
日本耳鼻咽喉科学会理事、日本鼻科学会理事、日本耳科学会理事、
日本頭頸部外科学会理事、日本気管食道科学会理事

医師が選ぶ専門医「ベストドクターズ」の一人に選ばれている名医です。
日本で最も古い歴史をも つ耳鼻咽喉科教室を率い、後進の指導とともに、内視鏡下鼻内手術の研修会などを通じて先端医療の内外への普及に努めています。
微細な解剖の知識と繊細な技術が必要となる大学病院においては、耳と鼻それぞれの領域に専門医が存在するのが普通ですが、森山寛氏はその両方に精通し、治療から教育までオールマイティーにこなします。
特に慢性中耳炎のなかでも処置しづらいといわれる真珠腫性中耳炎、耳鼻咽喉科の代表疾患である慢性副鼻腔炎の内視鏡下鼻内手術については群を抜くエキスパートして知られています。
東京慈恵会医科大学附属病院では、耳鼻咽喉科、頭頸部外科のすべての領域に対して専門のスタッフが常勤し、内視鏡、最新の顕微鏡、レーザー、ナビゲーション装置など先端の医療機器を駆使し高度の医療を提供する体制となっています。
また耳鼻咽喉科専用の手術室を有し、毎日4~7件(年間では約1600件)の手術が各領域の専門のスタッフにより施行されています。また、術後も早期の退院のための工夫により、入院期間の短縮がなされています。

  
(スポンサードリンク)

 
(参考リンク)
 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の名医リスト(全国の名医リスト一覧)
 
 口コミで評判の慢性副鼻腔炎の名医
 
(トピックス)
 抗菌効果の高いフラボノイドを主成分とするプロポリスを摂ると、体内に悪い菌が繁殖しにくい環境をつくり、やがて鼻粘膜の炎症が鎮まっていきます。 また、続けて摂ることによって徐々に菌に強い体内環境が定着。粘膜が感染に強くなるので、副鼻腔炎になっても慢性化せず、蓄膿症を繰り返すことも少なくなると言われています。
蓄膿症でお悩みの方には、下記のプロポリスがお薦めです。
⇒ 医師も驚く!! 蜂産品の相加、相乗効果!!
マヌカハニー、プロポリス、ローヤルゼリー、ミツバチ花粉の混合は あなたの健康維持の必需品です
 
 

コピー禁止
(スポンサードリンク)

 
清水千佳子氏

(プロフィール・略歴)

1996年東京医科歯科大学医学部卒
2003年国立がんセンター中央病院乳腺・腫瘍内科医員
2003年のM.D. Anderson Cancer Center Medical Exchange Programへの参加
2006年日本乳癌学会診療ガイドライン委員
2010年国立がん研究センター中央病院乳腺・腫瘍内科スタッフ
2012年同外来・病棟医長、2013年アピアランス支援室兼任
2014年国立がんセンター中央病院 乳腺・腫瘍内科 外来医長
日本乳癌学会評議員、日本臨床腫瘍学会暫定指導医

国立がん研究センター中央病院の乳腺科・腫瘍内科外来医長を務めています。
「乳癌患者における妊孕性保持支援のための治療選択および患者支援プログラム・関係ガイドライン策定開発」班の研究代表者で、薬物療法のスペシャリストとして知られています。
主に根治の難しい病状をかかえた患者と向き合いながら、治療や療養支援、新しい治療の研究や開発に携わっています。
「患者が選ぶ Doctor of the Year 2014」に選ばれた名医で、NHK「きょうの健康」等のメディアにも多数出演しています。
国立がん研究センター中央病院 乳腺・腫瘍内科
 
清水千佳子氏についての更に詳しい情報をお知りになりたい方は、「乳がんに関する詳しい情報を探す」をご参照下さい。

(スポンサードリンク)

 
(参考リンク)
 乳がんの名医リスト(全国の乳がんの名医一覧)

 乳がん治療・手術の名医と言われているドクター
 乳がん治療のスーパードクター
 早期がんの日帰り手術&「凍結療法」について
 遺伝子診断で不要な抗がん剤治療を回避
 脂肪由来幹細胞を利用した乳房温存療法後の乳房再建
 乳がんの名医・名病院ランキング
 乳がんが再発・転移した方への情報提供
 私が乳がんならこの医者に行く「乳がんの最高の名医」

 (トピックス)乳がんへの抗腫瘍効果も報告!
 医療技術は日進月歩の勢いで進歩していますが、そうは言ってもがんは命にかかわる病気であり、がんと向き合っている方は常に最新の治療、医療情報を探し求めています。
 そのような中で注目を集めているのが、多くの著名人も推薦している抗がん漢方薬です。
 世界が認めた抗ガン漢方薬! として知られていますが、日本の試験機関・新薬開発研究所において試験が行われ、高い抗腫瘍作用(最大94.1%)が確認されています。

(がんと向き合う方のための参考サイト)
癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!
※コピー禁止
(スポンサードリンク)  
低下した免疫力をアップさせる物質を東京大学の研究グループが発見!
希望者には詳しい解説資料を進呈しています!

  

※免疫力アップ体感の声、がんと免疫力の関係などの詳しい資料が届きます!

がんをはじめ多くの病気は、免疫力が低下することによって起こります。
抗がん剤や放射線による治療では、正常な細胞にもダメージを与えるため、こうした治療を受けたがん患者は、より一層免疫力が落ちることになります。
低下した免疫力を高めることは、がんと闘う人にとってとても大きな意味を持ちます。
免疫力を活性化させる最も効果的な方法は、食事内容を変えることです。
免疫力アップに効果的な食材を積極的に取り入れたバランスの良い食事を心がけましょう。
抗酸化力が高く、リンパ球の働きを活性化させてくれるファイトケミカル(野菜や果物などの植物が持つ化学成分)を積極的に摂るといいでしょう。
カテキン、リコピン、イソフラボン、アントシアニン、カプサイシンなどがその栄養素で、主に植物の色素や香り成分、アクなどに含まれています。

一方でがん患者の方が食べない方が良い食品もあります。脂質の中には、免疫系に対してマイナスに働くものも数多く含まれています。
がん患者の方は脂質の種類に注意を。コーン油、サラダ油などのオメガ6系と呼ばれる油は摂り過ぎないようにします。
また、トランス型の脂肪酸を多く含んでいるスナック類も避けたほうがいいでしょう。
必要な栄養を食事から摂ることができれば、理想的です。
しかし忙しい生活の中で、ビタミンやミネラルは不足してしまいがちです。確実に免疫力を上げ、がんを予防するためには、サプリメントによる補充は欠かせません。

こうした中、東京大学が企業と共同で高い免疫活性効果を持つ物質を発見しました。
ブロッコリーから抽出したこの成分は、ブロリコと名づけられましたが、ブロリコの免疫活性効果は驚くほど高く、メカブフコイダンの約60倍、プロポリスにおいては1000倍以上の活性効果を示しています。
いま大注目のブロリコはですが、その詳しい資料を請求することが出来ます。住所等の簡単な入力のみで、無料で資料が送られてきますので、免疫力のアップに興味のある方は、資料を請求してみてはいかがでしょうか。
 
⇒ ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから
 
 
(スポンサードリンク)  
 ※コピー禁止
<< 前のページ 次のページ >>
ご訪問者の数
 ヤフー登録サイト(19.9.21登録)

 
 
    since 24/02/2007



 270名の体験談を掲載
 

カテゴリー
★現在183名の名医を掲載

blog内検索
キーワードは原則1ワード、絞込み検索(日本語)は「病名+都道府県」のみ可能です。  (例)乳がん 東京都      
(example)lung cancer

人気サイト・人気ブログ
病気情報ならココ!情報満載
 病気ブログランキング


超がつく人気サイト、必見です
   病気,症状,薬に対する病院,診療所,歯科医院の医者、歯医者さん探し医学情報サイトby健康向上委員会


病院・名医探しならこのサイト
 お勧めサイトが目白押しです

   
 がん関連の厳選リンクです

■医療人気サイトランキング

■FC2 Blog Ranking(医療)
プロフィール
HN:
hossie
HP:
性別:
男性
自己紹介:
家族が病気の際「少しでも良い医師に診てもらいたい」と思った経験をもとに、当サイトを立ち上げました。
皆さんが病気と闘う際の参考になれば幸いです。

E-mail:fwgg4598●nifty.com
●に@を入力して下さい。